エイズ検査は自宅でチェックできる|感染者を増やさない方法

複数の男女

検査を受ける

医者と看護師

HIVは感染する原因としては、感染者の血液や唾液や精液が、自分の傷口などに付いてしまい、血液から移ってしまいます。また、HIVは性行為を始め、注射の打ち回し、輸血をすることで感染してしまうといわれています。さらに、お腹の中の赤ちゃんもHIVに感染することがあります。HIVに感染して放置してしまうと、エイズを発症してしまい、熱や下痢、頭痛、発疹などの症状を引き起こしてしまい、最悪の場合死に至る怖い病気です。ですが、HIVを早く見つけることができれば、治療することができ、エイズの発症を遅らせることができます。ですが、HIVは初期症状がほとんど無いので、自分で調べることができません。調べるためには、医療機関でHIV検査を受ける必要があるのです。なにか思い当たるという方はHIV検査を受けると良いでしょう。

コンドームを使用しない行為が増えている為、HIV感染者が増えてきています。HIVは日本国内だけでなく世界的にも、増加傾向にあり問題視されています。そのため、保健所などでは初めてHIV検査を受ける方には、無料で調べてもらうことができます。保健所でHIV検査を受けることで、自分が感染しているのか調べられます。万が一感染してしまっても、医療機関ではありますが治療を受けることができ、いつもと変わらない生活ができます。早期発見であれば治療効果も高いとされており、不安や心配だなと思う方はHIV検査を受けてみましょう。そうすればHIV感染者を一人でも多く減らすことに繋げられます。